※ご注意:消費税の再延期

安倍晋三首相は平成28年(2016年)6月1日に首相官邸で記者会見を行い、平成29年(2017年)4月1日に予定していた消費税率10%への引き上げを、2年半後の平成31年(2019年)10月まで再延期する旨を表明しました。

 

 

■消費税増税の住宅購入への影響

2015年1月27日衆院本会議にて 安倍晋三首相が、2015年10月に予定されていた消費税率8%から10%への引き上げ 現下の経済情勢等を踏まえ2017年4月に先送りする事を正式に表明致しました。また増税延期に伴い、住宅取得に係る税制上の措置に関しても変更がありました。
住宅購入において増税が適用されるタイミングと住宅取得における消費増税の影響をご説明します。

 

■2017年4月1日に8%⇒10%の予定。消費税8%で住宅購入するには

①住宅の引き渡しが2017年3月31日までに完了すれば、消費税は8%となります。

ただし、

②注文住宅の場合に限り、工事請負契約が2016年9月30日までに完了していれば、引き渡し時期に関わらず消費税は8%となります。

 

※注文住宅を購入する際、請負契約から引き渡しまでおよそ6ヵ月かかります。
経過措置」適用を目的に、駆け込み需要が高まると、請負契約から引き渡しまでに6ヵ月以上かかる可能性もあります。お早めの請負契約完了をお勧めします。